May 2007

May 26, 2007

ギボウシ

gibousi2ふうせんかずらさんより青系のギボウシについてご質問がありましたので。。。

ギボウシ(ホスタ)は、ライムやブルーの葉、
様々な斑の色と入り方、葉もねじれていたりとんがっていたり丸かったり、
大型、中型、小型種とサイズも様々で、驚くほど品種が豊富です。
日陰の庭ではとくに利用価値が高いので、
私の庭も北側の玄関先はひんやりとした寒々しい印象なんですが、
少しでもお洒落な雰囲気になるように、ギボウシを多用してメリハリをつけて植栽するようにしています。

画像でもパッと目をひくブルーがかった美しい灰色葉。
この色が入ると本当にキュッと引き締まるんですよ。オススメです。
品種は、手前がエレガンス、奥がハルション。
その他にも、青系ではブルーダイヤモンド、クロッサリーガルなども植えています。
ギボウシはもともと日本の山に自生している植物なので、栽培も簡単ですし、株分けも容易。
秋には葉っぱが黄色くなり、溶けるようにドロンパしますが、
春には一回りもふた回りも大きくなって再び出現してきます。

ふうせんかずらさん、今日の夜にでも…といいながら、
カメラを会社に忘れてきてUPできなかったあんぽんでした。お待たせしてゴメンね〜。
gibousi


nejinejiガーデニング

neji3001 at 21:29コメント(5)トラックバック(0) | green  

May 20, 2007

国際バラとガーデニングショウにて

zentaishow2今日までグッドウィルドーム(旧西武球場)にて開催されている『第9回国際バラとガーデニングショウ』

5月17日に川崎市に住む姉と一緒に行って来ました。
以前オールドローズやイングリッシュローズに、はまった時期があり、
一度行きたいな〜とずっと思っていたのですが…もう9回目なんですねぇ。

今回は、もちろんガーデン部門が目的です。新設したパーゴラのイメージづくりも兼ねていました。
バラはカタログに掲載されている花のイメージだけで選ぶと失敗することが多いです。←失敗してきた人語る(笑)
樹形と枝の広がり方や高さ、棘の鋭さ、花のカップの形状や大きさ、色など実物をちゃんと見て、
植える場所とのバランスを考えて、とっておきの一本を選ぶことが大切ですね。

会場内は、想像していたほど薔薇薔薇した感じではなく、
山野草好きの私でも結構楽しめる内容でした。
show1show3コテコテのイングリッシュガーデンではなく、和の要素の中にさりげなく薔薇を
取り入れたものも多く、
コンテストに出展されていた庭は、特に気合と斬新さが感じられすごく参考になるものが多かったです。
これからは和と洋が融合した庭、洋の良いところも素直に取り入れた和の庭が好まれていくだろうと私は思っているのですが、
今回は、コバノズイナを植栽の中に取り入れている庭が多かったことからもそう感じました。

ところで、会場が球場って大正解ですね。
疲れたら自由に球場内の椅子に座り、飲食し長居もできるので、
そちらや併設されているバラ苗のショップなどの工業効果ってすごいだろうな〜と変なところにも感心してしまいました。
私?私はバラ苗ではなくて、春日井園芸センターのブースもあったので、
クレマチスを一株福井に連れて帰りましたよん。

一番心に残った庭です。↓いかにも私好みの感じでしょ。
デザイナーは若い綺麗な女の方でした。

show4





nejinejiガーデニング

neji3001 at 09:53コメント(12)トラックバック(0) | Report  

May 15, 2007

Private GARDEN Exhibition2007にて

pge2007.3パシフィコ横浜にて開催された「プライベートガーデンエキシビジョン2007」という展示会に11日に行ってきました。

この展示会、東洋エクステリア、新日軽、三協立山アルミ、四国化成、YKK APさんなどトップメーカー主催の、エクステリア総合フェアです。
カーポート、サンルーム、デッキ、フェンスなどからアイアン製品、資材、CADソフトまで…。
業界の人向けの展示会なので、県外からバスで来られている施工業者の方々も多かったようでした。

個人的には、どうしても植栽の方に目が行ってしまうのですが、
人工のグリーンではなく、たとえポット苗を並べてあるだけでも、
植物を綺麗に取り入れて展示してあるブースがいいな〜と感じてしまいました。
あるブースには、本当にセンスがいいデッカイコンテナが数個さりげなく置いてあって、すごく参考になりました。
メーカーさんに失礼なので、写真などは控えましたが、
本当はコンテナはどこが担当されたのか聞きたかったほど(笑)

ただ、自分で庭造りをしてきたので痛いほど感じるのですが、
花や樹だけがてんこ盛りでも疲れてしまいますし、
反対に最新のピカピカのエクステリア商品だけでも殺風景で見ていられません。
エクステリアと植物はお互いを引き立て合うものとして、切り離せないもの。
だから両方わかっていなくちゃ庭はつくれない。
当たり前の事ですが、改めてそんな風に感じました。

次回は、ガーデンデザイナー、エクステリアプランナーという
ちゃんとした肩書きを持ってこの展示会に行きたいなと思います。
pge2007.4pge2007pge2007.2






nejinejiガーデニング


neji3001 at 07:24コメント(4)トラックバック(0) | Report  

母の日

母の日、皆さんはどんな思い出ができましたか?
「女の子がいたら母の日にお花くれるのにな〜」という私に、
「娘いるぞ。ふたりも」の主人。(オチはわかってるって!(笑))

母の日のプレゼントは、龍ちゃんから
『カード・私の大好物フレンチパピロ付き』
hahanohi.ryu

このカード、学校の家庭科の授業で作ったという。
しかも貰った人の感想書く紙あり。。。君って確か高校生だったよね?(笑)
「お菓子付きで嬉しかったです」って書こうか〜?に
遊びに来ていた甥っ子も大爆笑でした。

そして・・・そんなやり取りを見ていたお健ちゃんからもプレゼントが。。。
『お母さんいつもありがとうパピロ』
hahanohi.oken



hahanohi.oken2

しかも肩たたき券3枚付きパピロでした。
くぅ〜〜〜。


nejinejiガーデニング

neji3001 at 00:53コメント(0)トラックバック(0) | 子供のこと  

May 13, 2007

取立山

5/9 水曜日に取立山に登ってきました。
祝!初単独山歩きです(^^)

実は、今回は主人も一緒に行ってくれそうな感じだったのですが、
結局予定が入ってしまってドタキャン。
以前から、いつまでもChahaさんにばかり頼っていてはいけないな〜と
感じていたので、いい機会だし、ミズバショウで有名な取立山なら、
今の時期は登山者も多いので大丈夫だろうと、思い切って決行。
駐車場に着くとまだたくさん車があってひと安心。

去年いっぱいだったチゴユリ、ツクバネソウ、マイヅルソウなどにはまだ少しはやく、
イワウチワ、オウレン、ショウジョウバカマが花ざかり。
サンカヨウの花は、まだ反対側の斜面だけ。
ミヤマカタバミはやっぱり濃いピンクでした。
そして、去年は終わっていたタムシバの白が山を彩っていました。
tamusiba

「ほんっと、いい音やね〜」と他の人に笑われ、
以前Chahaさんに恥ずかしいと言われた鈴(まるで鐘?)を鳴らしながら歩きました。
それでも、独りだとちょっとの「ガサッ」にも飛びのくほどビクビク(苦笑)

反省点は、大滝→取立山ルートの登山者がほとんどだったので、
登る時は、下って来る団体さんやたくさんの登山者とすれ違い安心だったんですが、
ミズバショウ自生地→コツブリ山→大滝の下りの頃は誰もいなかったこと。
基本的に気のおけない友人やまたはひとりで行動することの方が好きなタイプなので、
すご〜く快適ではありましたが、捻挫したり怪我したら大変ですよね。
今回は主人の連絡を待っていたので少し出かけるのが遅れましたが、
やっぱり早く登って早く下りなくちゃ危険だなと感じました。
私が大滝を過ぎた3時半頃に、
「明日は荒れるらしいし、どうしても今日ミズバショウを見たくて来た」という
ご夫婦とすれ違ったんですが、ちゃんと見ることが出来たのかな。。。

なにはともあれ、去年(去年の様子はこちら)は曇りや残雪のため無理だった、
頂上から見る白山
top

反対側からのミズバショウです。
mizubasyou2mizubasyou





画像はありませんが、大滝の下まで降りたら、一株のリュウキンカの黄色が鮮やかでした。



タムシバ越しの白山です。満足、満足♪

hakusan




nejineji ガーデニング
草もの盆栽・ミニ盆栽に椿(侘助)とタカサゴカラマツ甘木リンドウと白花イトラッキョウをUP

neji3001 at 07:46コメント(2)トラックバック(0) | 山歩き  
プロフィール

neji

記事検索